ウォーターサーバーの水について

ウォーターサーバーの取扱業者で扱っている水にはいくつか種類があります。

まずは、長年地下に溜まっていた水にミネラルが溶けだして生まれた天然水があります。

化学処理は施されておらず、ろ過、沈殿、加熱の工程を処理をしているので安心です。



次は、RO膜というフィルターを使ってろ過されたRO水です。

この水の特徴は、通常のろ過では除去できない微細レベルの不純物も取り除いているということです。

このため逆にミネラル成分は含まれていません。

このため、人工的にミネラル成分を加えた水もあります。

通称、デザインウォーターと呼ばれるものです。このようにウォーターサーバーの取扱業者で扱っている水にはいくつか種類がありますが、そもそも水には硬水と軟水といって硬度による分類も一般的に行われています。


簡単に言うとミネラル成分が多いのが硬水で少ないのが軟水です。ヨーロッパの水は硬水の方が多いのですが、日本は軟水が多いという特徴があります。カルシウムやマグネシウムを多く含む硬水は、その特性からデトックス効果や便秘解消効果があるという理由で人気があります。
しかし、硬水は大量に飲むと腹痛を患ったりするのでペース配分が必要です。

それに対して、軟水はミネラル成分が低いにもかかわらず飲みやすいので日本人向けと言えます。

また、天然水でもデザインウォーターでもその成分がミネラルの少ない軟水であれば、赤ちゃんにも安心して与えることができます。

日本経済新聞をわかりやすく説明しています。

日本のウォーターサーバーの取扱業者が扱っている水はそのほとんどが軟水なので本当に日本人向けに考えられているのです。